自己流パサつきケア

入浴前に、しっかりとブラッシングし、髪の毛についたホコリや汚れを落としやすくします。
シャンプーはすぐにつけず、まずお湯でしっかり流してから、髪を地肌を中心に洗います。
その後、トリートメントを塗布しシャワーキャップをかぶって湯船に浸かります。

なくとも30分は置きます。 時間があるときは、乾いた髪にトリートメントをつけてから、湯船に浸かり、湯船から出たらシャンプー、再度トリートメントを行います。
入浴後は洗い流さないトリートメントをしっかり毛先に塗って、必ずドライヤーで乾かします。
洗い流さないトリートメントの代わりに、ヘアオイルも活用します。

湯船に浸かりながらのオイルパックもオススメ。
10分程度時間を置いたら、地肌をマッサージするように揉みます。
その後、シャンプーでオイルをしっかり落とし、トリートメントの手順に進みます。

この方法で、パサつきはかなり改善出来ますが、あまりにも痛んだり、枝毛になっている毛は、潔く美容室でカットしてもらった方が綺麗です。
工作用のハサミで自分で切ることは、枝毛に繋がるので絶対避けます。

洗い流さないトリートメントで

最近髪がパサパサでクシ通り髪が悪くて、とりあえずシャンプーをかえてみたり、トリートメントしてみたりなど色んな事に試行錯誤していました。
朝洗い流さないトリートメントをつけたりもしてました。
でも、髪がパサパサはあまり変わらず、髪が傷んでパサパサで枝毛までできてきました。

あまりの髪の毛の状態に美容院を訪れる事にしました。
色んな事を話していると生活状態が髪にまで影響するとの事、最近の私は私生活でも疲れていました。

美容院の先生が髪をあらってくださっている時に、トリートメントをするときに、『オイル系の洗い流さないトリートメントも一緒に毛先につけて洗い流して下さい。
そうすると、洗い流さないトリートメントが髪に満遍なくいきわたります』との事でした。

さっそく、帰りに洗い流さないトリートメントを買いにいき試して見ました。
すると1回だけでしっとり感が、全く違うんです。
嘘みたいで、子供もパサパサで朝クシ通りに悩んでいたので教えてあげました。
やはり子供もシャンプー後のブローから違うんです。

パサパサに悩んでいる方がいたら試してみて下さい。

+トリートメント

出産してから、髪の毛の質がだんだんと悪くなってきました。
さらに、毎日コテを使っているので更にパサつきが目立つようになってきました。
旦那にも最近老けてきたと言われるようになり、このままじゃいけないと思い、ケアをすることにしました。

以前なら、シャンプーからのリンスで終えていたのですが、今はシャンプーからのリンスからのトリートメントを毎日しています。

リンスをつけて一度フェイスタオルで髪の毛を包んでおいて、体を洗います。
そうすると髪の毛がとても柔らかくなる気がします。
流した後は、トリートメントです。
トリートメントもリンスと同様にしてつけた後、フェイスタオルの包みます。
トリートメントの時は、そのまま湯船につかり半身浴をします。
だいたい五分くらいつかってから流します。

この一連の流れをやり始めてから、ビックリするほどパサつきが減りました。

また、パサつきの予防策として、日中はオイルタイプのトリートメントをしています。
オイルタイプのトリートメントを少量手に出して、バーっと髪の毛を払うようにつけるだけなので簡単で便利です。